MisakiWorld

ゲームから少女マンガ、プログラミングまで。

アレクサ、〇〇のアルバム〇〇を再生(2023年1月)

この記事はおそらくこれの続きです。

 

misakiworld.hatenablog.jp

 

2020年まではこのタイトルを踏襲していました。

 

misakiworld.hatenablog.jp

 

そしてすっかり聞いたり聞かなかったり話したり話さなかったりの日々ですが、そろそろプライムエコープランのサブスクをちゃんとつかわないともったいないなあと思い、今年はメモをするようにします。

 

目標は1か月に新アルバムを3枚はききたい。あとPrime版との違いとかあれば記載しておきたい。

リンクは相変わらず物理CDです。あなたの好きな音楽サービスで聴いてくださいませ。

 

 

 

SunsetSwish/ENCOUNT(2023.1.17)

ENCOUNT

ENCOUNT

Amazon

個人的には超待ってたので物理でほしかったんだけど、ジョーシンになかった。私は数少ない、モザイクカケラやさくらびとが、アニメの主題歌というのをしらないままでSunsetSwishが好きになった人である。

プライムでも全曲きけた。

 

ナオトインティライミ/虹色∞オクターブ(2022.11.30)

2つめのベストアルバムの次に聴いたからか、どかーんと感じる曲が少な目だった気がするので、何度も聴いて味を出したい。こちらもプライムで全曲再生できていた。

The Best -10th Anniversary- (通常盤)(2枚組)

 

浜崎あゆみ/Remember you(2023.1.1)

 

プライムだとアルバム曲が聞けなかったので(シングルで出た曲だけしか再生できていなかったはず)、寄せ集め感が高くてげんなりした人は、きちんとアルバムとしてきいてほしいなと思う。久しぶりのアルバムなので、「オヒアの木」も入ってるけど。「Remember you」、よかった。

 

浜崎あゆみCyber TRANCE presents ayu trance -COMPLETE EDITION-、Cyber TRANCE presents ayu trance 2 -COMPLETE EDITION-

これは以前もきいてたと思うんだけど知らない人に紹介したいのであらためて記載。

n年前に出たやつがなんと未収録トラックもいれてまじですかっていうボリュームで出た。プライムで全部きけてびっくりした。

 

プレイリストに入れてシャッフルするのが吉。まあ、マニアックな……。でも配信だからこそできることがあると思わせてくれたのは楽しい。

 

1月末にすべりこみできいたのはここまで。アルバムは2月に聞いてみようと思う。

倖田來未/WINGS(2023.1.18)

アレクサでは(もちろん)CDの部分のみなので、「CD単体売ってない」っていうレビューを見てはじめてそうだったのかと思った。ライブまるまる入ってないらしいけど、5500円くらいが妥当と思っちゃうのは技術書慣れしたせいなのか不明。

 

補足:MISIA THE GREAT HOPE BEST

前のベスト盤持ってるのでどうしようかなあと思ったけど、アレクサでほかのアルバムが聞けたので予算をつけることができた。

 

プライムでもエコープランでも(MP3で買っても)、一部きけないものがある。CCCDの呪い(む)が残っていないことを祈るばかりである。(KISS IN THE SKY はCCCDだった。)

 

 

 

2022年に読んだまんがを挙げる(りぼん、Sho-Comi、LaLa、サンデーほか)

この記事はおそらくこれの続編です。

 

misakiworld.hatenablog.jp

 

ブクログも使っているのですが、すべて(とくにまんが、雑誌)は載せてないので、意識高いビジネス書っぽいものの読書記録はnoteに書くかもしれませんがはてなブログではまんが(少女漫画)に寄せてピックアップしたいと思います。

掲載誌ごとに並べました。また、最近とびとびに買うことが増えたので、1巻から読んでないものも多いなあと思います。

サンデーの項目は、2023年1月に5本の新連載の単行本(1巻)を読んだ感想も加えています。

 

 

りぼん(集英社

ribon.shueisha.co.jp

 

そろそろ毎号買うのが(ふろく的に)しんどくなってきたので、電子版も増えたなと思います。投稿欄だけはひたすら見ている気がする。投稿履歴データベースはいつできるんだろう俺。

 

ミオの名のもとに

本誌からスペシャル増刊連載に移籍するらしい。王道ファンタジーな世界観が好き。すごく背景もがんばっておられて好感が持てる。

 

ハロー、イノセント

うーん2022年11月号ころのあれはりぼんで描いてもよかったんだろうか? りぼんでは噂ではこういうシーンがあると最終回が近いというが……

 

極上男子は、地味子を奪いたい。(ほか読み切り/朝海たいこ先生)

そして1~2年前にりぼんスペシャルを読んでいて、n年ぶりに朝海たいこ先生が読み切りを書かれていて、コミックスも発売されたのはうれしい。

ということはやっぱりデビューしたところでコンペに通ったら載るのは、ずっと代わりないんだろうか。

 

アクロトリップ

りぼん部門のラストはやっぱりアクロトリップで飾っておきたい。堂々の完結、そしてアニメ化と、とんでもないポテンシャルを持っている。2024年……だと……?

acrotrip-anime.com

 

Sho-Comi(本誌)

sho-comi.com

 

Sho-Comi本誌は、ほぼ全部読み切っている。連載作品はどれもおもしろいと思う。

 

魔法陣クロノカノン

 

くまがい杏子先生の新作は、現代っぽい、でも魔法が使える世界の話。おそらく本誌と単行本で一部書き込みが変わっているところがある(はず)。謎が少しずつ立場を変えて進んでいくので、単行本を買って一気読みもおすすめ。

 

寮則は恋に甘し(ほか、春宮アン先生の作品)

前作「花嫁とボディガード」もよかったんだけどさらに絵がきれいになっていて、見ていて飽きない。

 

推しのシンメと入れ替わった件(ほか、花本麻実先生の作品)

 

 

「推しのシンメ~」の中盤くらいから展開が気になり、自分の中では今hotな作家さんのひとりになった。いまどきのアイドル像とかってこういうのなんだ~と情報収集も兼ねているかもしれない。

 

十年眠り姫

2022年の連載作品で一番印象的だったと思う。もうちょっとだけガチのSFに倒れてくれてたらよかったんだけど、Sho-Comiだとここが限界かなあ。続編待ってます(?)

 

Sho-Comi X

sho-comi.com

以前のぶあつい増刊号から、対象年齢を上げてリニューアルしたSho-ComiX。やっぱり体感的に「値段が高い」イメージが払しょくできないなあ。

 

文豪に捧げる乙女

※大人表現あり注意

 

昨年電子版→紙版1巻が出て、あっという間に2023年はじめには5巻が出る予定。いまのところ「とにかく主人公(と周り)がきついトラブルも無く必ず幸せになる」という展開でいろいろと安心する。(大人向け表現はあるが)

 

おとなの初恋

こちらも(ある意味成り上がりオフィスラブではあるけど、)あまり殺伐としすぎてなく、主人公(とその周り)が幸せになっていくのがよくて、印象は良い。大人向け表現は若干ある。

 

少年ブラヰド

※大人表現あり注意

Sho-ComiXで1回きりの読み切りだったはずが大人気になり、ついに本誌移籍となった。(本誌でも大丈夫なのかは気になるが……)

 

 

女性として生きることを拒まれたヒロイン(女性)と、支えようとしたけど諸般の事情で離ればなれになったヒーロー(男性)の話。時代背景は(架空の)大正。

 

花の散るらん

※大人表現あり注意

後半はまんがらしい展開になってしまったけど、美麗な絵のクオリティでの長期連載お疲れ様でした。

 

月とメープルシロップ

※大人表現あり注意

Sho-ComiXになって1年に1回しか単行本が出ないけど次を待ち続けられた。この連載で華夜先生の表情の描写がすごく好きになった。次回作待ってます!!!

 

&FLOWER(アンドフラワー)/電子版のみ

andflower.shogakukan.co.jp

 

週刊でSho-Comi系、ベツコミ系などの作家さんが持ち回りで担当されるため、基本的にSho-Comiの作家さんの作品がある号をちょいちょい読んでました。

夜伽の双子

※大人表現あり注意

広告バナーではただのエロ漫画でしかなく、これが載っている&フラワーは買わなくてもいいやとまで思っていた時期があったんですが、試し読み期間に見たところ、これは広告のほうがポンコツかなと思いました。

主人公はいちおう魔法使いとして役割を持っているので、もうちょっとそこをダイナミックに表現できたらあるいみ化けた(化ける)のではとも思います。先述の「クロノカノン」とはまた違うベクトルで。

 

LaLa

lala.ne.jp

最初は転生悪女の黒歴史目当てで読み始めたんだけど、いろいろ新しい作品に出会えてよかった。

 

青木じゅもく先生の作品

 

本誌やDXで読み切りを載せてはって、めちゃくちゃ気になる。

 

龍皇の影姫

大宙晃先生の持っている世界観が好きで、これも長く続いてほしいけど、そろそろクライマックスかな~。

 

末永くよろしくお願いします

超安定のゆるコメディと思う。いつも書いている気がするけどこんなにイケメンどうやって描けるのかすごすぎて語彙がない。

 

あかのたち

青春まっしぐらの剣道もの。自分が中学時代に剣道を体験していたこともあって、最近お気に入り。

 

週刊少年サンデー(全体で)

websunday.net

 

2022年自分的に特筆すべきは、10月頃に体調を崩して療養した時から「サンデー」の購読を再開(ほんとにn年ぶり)したこと。いまのサンデーってどうなんだろう、そしてどういう話が読者に「おもしろい」と思われているのだろう、を知りたかった。

 

でもってこのころ「5週連続新連載」があり、(毎週載らない)鉄壁の「名探偵コナン」や「MAJOR2nd」、「葬送のフリーレン」とどうやってバランスをとっていくのかとか気になって5冊とも2023年1月に1巻が(紙でも)出るから買ってみた。

 

ビグネス参式

・よいと思うところ 絵の書き込みがすごいと思う。表紙がなぜああなったかがカバー下(表1)に書いてて笑った。「好き」があふれているネームがよかった。

 

君と悪いことがしたい

・よいと思うところ わかりやすい。すっきりしている。単行本はこの作品だけ、表紙がさらさらだった。

・じゃあそこから、その先どういう展開にするのか、想像を超えたものがあるとうれしい。

 

朱月事変

・よいと思うところ 目力がある。純粋におもしろいと思う。ネームがダイナミック。たぶん5作品の中で(書店別特典の多さから)一番編集部が期待しているのかなあ。

・ガジェット商売ができるのではと思った。(ガラス玉的に)

 

九龍城でもう一度

・よいと思うところ かわいい。コミックス派にうけそう。単行本であらためて、中枠にきちんとおさめているのはすごいと思った。

 

双影双書

・よいと思うところ 前作「殺し屋Sのゆらぎ」や、以前の投稿作品に続いて何らかの展開や間合い、テンポを期待してしまう。

追記:一部本誌掲載後に書き換えをしているそうで、私が書き込み的に気になったシーンが該当しているかもしれない。

 

それぞれにコメントを書いたので、2023年の後半あたりにまた見直してみたい。

しかし5作品も新連載が続くと、和洋中でいうと最初は「和和中中中」にしか見えなくてそれぞれのタイトルと内容が一致しなかった。単行本であらためてまとめて読み直して、それぞれの作品のいいところを見つけられてよかった。

 

コロコロアニキ/コロコロ創刊伝説

corocoro.jp

紙媒体としてはなくなってしまったんですが、コロコロ創刊伝説の続刊は忘れず読みました。でも次いつ出るんだろう……

 

 

====

また今年もおもしろいまんがが読めることを期待している。

 

※当ブログは、はてなブロググループに参加しています。

 

ドラゴンクエスト10オンライン(ニンテンドースイッチ版)のプレイ記録2022。

 

特別お題

わたしの2022年・2023年にやりたいこと

も兼ねました。

 

2022年まとめ・2023年の希望

 

2022年は……

  • いまさら復活してメインストーリーをすすめる
    • 10オンラインのお作法を知る
    • まだバージョン3まで進めてない(ぁ
  • 家を買う
  • 木工をやる

 

2023年は……

  • せめてバージョン3まではクリアしたい(ぇ
    • サブキャラを作ってみたい気はする
  • ふくびきで特賞が当たったらマイタウンほしい
  • あとXbox版でないかなあ(ブラウザ版は試してない(できるのかも謎))

 

 

 

hiroba.dqx.jp

 

ドラクエ10オンラインを再開

実は当ブログでは2回ほどドラクエ10ネタを書いている様子ですが、ほとんどプレイしていませんでした。しかし、2022年に240時間無料プレイというお久しぶりの人向けのキャンペーンがあり、(現在は終了)

カムバックさん応援キャンペーン (2022/7/25更新)|目覚めし冒険者の広場

それまでも数回、いわゆるカムバックさんの枠でちょっとだけプレイしていたのですがこれをきっかけに課金をするようになりました。

心配している(オンライン)ゲーム中毒ですが、普段やっていたピクロスS7とかの時間が回ったとか、通勤中のスマホTwitter見る時間が減った(後述)とかはあるものの、そのせいで平日昼間がやばくなっている感じではないと思っています。むしろQOLは上がっている。(?)

 

実質半額

30日1000円(標準)については、実はここのところ「ドコモポイント」で500円分くらい支払っているため、実質半額でプレイしています。対応してくれていてありがたかったです。

500円だとがっつりもとがとれている感じがします。(……ここのところ毎日1時間くらいしかしてない。)「(いわゆるキッズタイム以外で)いつでも気が向いたときにログインできる権利」を買っていると思えば安いものです。

 

はやくにんげんに(?)

妖怪人間みたいな言い方になりましたが、ある程度冒険をすすめると、ゲーム開始時の姿(人間)に戻ることができます。そのときのイベントは何年越しのものでしたが、ちょっと泣いてしまいました。

でも人間になっても(たぶんDQ10オンラインプレイヤーはほぼ知ってるけどネタバレなので書きませんが)、あれがあれでああなるのはよかったです。

 

木工職人の道

先にクリアしたDQ11では「ふしぎな鍛冶(かじ)」というミニゲームがあって、それがけっこう好きでした。DQ10では武器・防具・さいほうなどジャンルが分かれていたので、どれにしようか迷いました。ランプはルーレットを回すのが(確率論ですが)下手でよく失敗していました。

木工をチョイスしたのは、後述する釣りのために釣りざおを作りたかったというのが大きいです。あと、お金がたまるかも? とか期待してました。

今のところ順調にレベル35くらいまできていて、釣りざおも普通に作れるんですが、素材の仕入れがうまくいかず、あまりもうからないことに気づきました(笑)。まあ釣りざおは自分が使うのでいいかな。

 

また、小さなメダル100枚で、ギルドは移籍できるので、いつかは別の職人をめざしてもいいかなと思っています。(小さなメダルは現時点では上限なしで取れる)

 

夢のマイホーム

そしてやっと土地を買いました。家は、ふくびきで当てた「妖精図書館の家」です。(笑)いろいろ特殊なんで普通の家を買いなおすかも。

ふくびきとかイベントでもらった庭具を置いている程度です。タルの中にものを入れられないのか、ざんねん。

そしてプライベートコンシェルジュ(略称プラコン)、これ楽しいですね!

 

冒険者のおでかけ超便利ツール

 

 

Android版もあります)

 

スマートフォンを2022年の後半に新調し、前のスマートフォンだと非力でできなかった「超おでかけツール」をインストールしました。元々スマートフォンでゲームをしない人だったのですが、これがログインボーナスか……とか、課金したくなる気持ちがわかりました。

ここにあった釣りにどはまりして、つりざおを作りたい! と思うようになったのです。

 

(補足)DQMJ3シアトリズムやりなおしたい

ドラクエ10をあまりプレイしていない頃に、DQMJ3をクリアして、いまいちという感想を書きました。DQMJだけ見るとたしかにタイトルの通り「展開にげんなり」なんですけど、登場するモンスターたちを思い出してみると、これはドラクエ10をやりこんでからやればよかったかなと思いました。

 

misakiworld.hatenablog.jp

 

驚いたのが2022年12月時点で、まだ(プロフェッショナル版は)普通に買えるということ*1

 

もうひとつ、「シアトリズム」もやりなおしたいなと思いました。こちらは、同じ名前のアイテムがあるからです。(効果は違いますけど)

 

 

ファイナルファンタジーは新しいのが発売されるみたいですが、ドラクエはないかなあ。

 

 

というわけで2023年も適度に楽しみたいと思います。

 

過去に書いた記事

アフィリエイトなどは書いた時点のものなので注意

 

misakiworld.hatenablog.jp

 

 

misakiworld.hatenablog.jp

 

 

※当ブログは、はてなブロググループに参加しています。

 

整理用タグ:dqx_switch03

*1:私の視点ではAmazonが在庫持ってて発送している=普通に買える。ちなみにジョーシンとかでも売ってた